2016年3月9日水曜日

Wi-Fi運用におすすめの白ロムスマホ

今昔で白ロム事情も変わってきているので、2016年3月現在でWi-Fi運用に最適な白ロム(中古スマホ)を3つ。

SoftBank ARROWS A 202F
評価がそこそこ高い
一時期、ホッカイロとまで呼ばれていたARROWSですが、この世代からは中のチップのメーカーが変わり、快適に使えるようになっています。

大容量メモリ
64GBのメモリを搭載。32GBでも十分な人が多いので、アプリや音楽をいっぱい入れてもまず困ることはないでしょう。

フルHDの液晶画面
40型のテレビと同じ画素数の画面がスマホサイズにぎゅっと縮められています。iPhone6sよりも高精細で紙を見ているような感覚。

ゲーム可能
これが一番大きいのではないでしょうか。パズドラやモンスト等もサクサク動きますし、デレステ等もいけると思います。

地デジ対応
ワンセグよりワンランク上のフルセグ(地デジ)搭載。最近の端末に多いイヤホンが無いと見れない仕様ではなく、アンテナ内蔵。フルセグの電波が悪くなってもワンセグに切り替えて見られるので電波が弱くても安心。

安い
ソフトバンクの端末は縛りが多く、売れないので安価に流通しています。今現在、中古ながらAmazonで4800円で叩き売られています。ちなみに、docomo版は格安simが使えるので値が張ります。


au isai LGL22
simロック解除可能
非公式なsimロック解除方法が確立されており、海外で使ったり、プリペイドタイプのドコモ格安simで使う、なんて芸も可能。もちろんWi-Fi運用もOK。

フルHD液晶
さっきのARROWSと同様、こいつも画面が綺麗。

超サクサク
チューニングが尋常じゃないほど良く、最新の機種にも負けないほどヌルヌル動きます。

ゲーム可能
3D系のゲームも快適に動きます。

高性能にしては破格
上のARROWSよりスペックが高いものの、auがキャッシュバックを付けて大放出していたのでヤフオクでは中古が1万円前後で流通しています。Amazonでも1万5千円でおつりがきます。


iPhone5 & iPhone5c
みんな大好きiPhone
人気のiPhoneですが、型落ち端末なので非常に多くの数が流通しており、au版orソフトバンク版の中古であればisaiと同程度の値段で手に入るようです。

アクティベーションカードが必要
iPhoneは使用するときにsimを使ったアクティベーションという儀式が必要なので、別途アクティベーション専用simを用意する必要があります。


以上、おすすめ白ロムの3端末ですが、底値まで下がってきているため、買うなら今がねらい目かもしれませんね。

0 件のコメント:

コメントを投稿