2016年4月29日金曜日

Aterm WG1200HPに日本語SSIDを設定する

コミケとかでよく見るおもしろWi-Fi

ゴールデンウィーク、皆様いかがお過ごしでしょうか
私はWG1200HPをハードオフで拾うことができたのでにゃんにゃんしております。比較的安価なモデルにしては出来が良いし。
思ったよりもちっちゃくて軽い

しかし、WG1200シリーズは海外メーカー製で、NECのガワをはめているだけらしい。実際、クイック設定Webを見てみると何か違和感を感じます。しかもAtherosチップではなく蟹さんチップセットだとか。

そこで気がついたのがSSIDが日本語であるかを検知して弾く動作がブラウザ上で動いていること。純NECなAtermはルーター側で判定を掛けているので何をしようが無理でした。しかし、WG1200HPではブラウザ上で判定が行われているので、少しブラウザを弄れば日本語SSIDを吹くことができます。恐らく、内部がほぼ同一なWG1200HS、WF1200HPでもできると思います。

そんな理論なので、WG2600HP、WR9500Nなど、WG(F)1200が品番に含まれないルーターで日本語SSIDにすることはできません。


以下の手法は、本来日本語が送信されることが想定されていない場所に無理矢理日本語のデータを送信します。最悪の場合ファームウェアが破損、高級文鎮になってしまうかもしれません。以下の手法はすべて自己責任にて行ってください。


~下準備~
Firefoxと、TamperDataというアドオンをFirefoxに追加しておいてください。

次に、SSIDにしたい単語をこ↑こ↓でUTF-8に変換を行います。



Firefoxを起動、ここの隙間を右クリックしてメニューバーを表示させておきます。
クイック設定Webにアクセス。RTモードな人はアドレスバーに192.168.10.1とかaterm.meとかぶち込めば表示されると思います。BRや昆布(CNV)人は適当にネットワークスキャンでも掛けてipアドレスを調べてください。

簡単モードだとエラーを吐いてしまうので、詳細モードに切り替えておきます。

Wi-Fi詳細設定の変更したい項目を開き「英語」のSSIDを入力します。一時的なものなのでなんでもかまいません。せっかくなのでhotgooとでも入れておきましょう。

そのまま何もせずにメニューバーからTamperDataを開きます。

Start Tamperします。


さっきのウィンドウに戻り、下の方にある設定ボタンを押します。
Tamperします。Continueチェックボックスは外しときます。
先ほど打ち込んだSSIDところを探し、UTF-8に変換した文字コードをコピペしOKを押します。

これでWG1200HPを再起動すれば日本語になっています。
くれぐれも某無能パカの悪口書いたりだとか悪用しないようにね。


0 件のコメント:

コメントを投稿